「吃音・どもり・発声障害」改善専門の整体院

ウェブにお越し頂きありがとうございます。
玉木整体 身技レッスンは「吃音・(緊張性)発声障害・どもり」の改善を専門とした整体院です。

名古屋駅から徒歩7〜10分
ほどの場所で、
「吃音・(緊張性)発声障害・どもり」改善に非常に効果の高く、ノーベル賞受賞者などからも評価の高い「アレクサンダーテクニーク」をベースにした姿勢・身体の使い方のレッスンを提供しています。

※アレクサンダーテクニークを中心にお伝えさせて頂いていますが、
効率よく習得できるようにマインドフルネス瞑想トリガーポイント(筋肉のコリ)治療といった技法も合わせてお伝えさせて頂いております。

ニコラス・ティンバーゲン教授(1907-1988)
ノーベル医学賞受賞者

「私は、アレクサンダー・テクニークを、高度に洗練されたリハビリテーションの一つとして推薦する。(中略)

様々な精神的および肉体的な機能低下や病気を、時には驚くべき度合いで、軽減することが可能であるということである。
我々はすでに驚きをもって、高血圧、呼吸、眠りの深さ、全体的な機嫌のよさと意識の明晰さ、外的プレッシャーからの回復力、そして楽器を演奏するなどの洗練されたスキル、などの多様な分野において、驚異的な改善が起こっていることを知らされている。」
(1973年 ノーベル医学生理学賞授賞のスピーチより)

 

次のような症状でお困りではありませんか?

  • 声が出しづらい
  • 声が枯れてしまう
  • 喉にがされているように感じる
  • よく「聞きとれない」と人から言われる
  • 呼吸がしづらい
  • 身体の緊張が抜けない
  • 姿勢を正そうとすると余計に緊張してしまう
  • どもってしまう
  • 普段は大丈夫でも緊張すると急に声が出なくなる
  • 相談できる相手がいない
  • 少しずつ悪くなっているのが不安
  • 精神的に苦しい

もし上記の症状でお悩みでしたら一度【毎月先着5名樣限定】無料体験レッスンにお越し下さい。

 

そうすることで、

  • 声が出やすくなった
  • 声が枯れにくくなった
  • 喉に蓋がされている感じが減ってラクになった
  • 相手にしっかり声が届くようになった
  • 呼吸がしやすくなる
  • しっかりリラックスできるようになった
  • ラクに良い姿勢ができるようになる
  • どもることが無くなった、または少なくなった
  • 大切な時にも声が出るようになった
  • 精神的にもラクになる
  • 気持ちが明るくなって人生が楽しくなる

といったことが起きるでしょう。

体験談 吃音が大きく改善しました!
20代男性のクライアント様より

私は生まれた頃から連発、難発性の吃音があります
大学生になり本格的に吃音改善を考えていた際、
緊張する場面で体を必要以上に緊張させていることが原因ではないかと仮説を立てました。

そこで体の緊張を取り除く方法を探していたところ
アレクサンダーテクニック(以下at)に出会いレッスンを受けてみようと思いました。

結果としては体を客観視できたことにより
肩を必要以上に上げている、
腹筋を過剰に緊張させている自分に気づくことができ、
体を緩めることで数回のレッスンで以前よりも声が楽に出るようになりました

atの自主練を始めて一年ほどたったころには連発性の吃音が大きく改善しました

以前は「ああああ」といったように2発以上連発していたのですが、
最初の一音目で即座にatの技術を使うことにより
「ああ」と二音目で止めることができかなり効果的でした。
したがって、atは普段から意識して使えば吃音改善にかなり効果があると思います。

また、at毎日継続がしやすいことがメリットだと思います。
吃音改善初期の頃、私は発声訓練で吃音を治そうとしました。
しかし、毎日訓練を継続させることは難しくできない日もありました。

その点、atは日々の生活の中で訓練ができるので毎日無理なく続けられるので良かったです。

さらに、意外と重要だと思ったのが教師との相性です。

私はat4名の教師に習ったのですが、
教え方が様々で感覚的に教えてらっしゃる方のレッスンも受けました。

しかし、感覚的に捉えるのが苦手なので「?」なことが多かったです。
ですが、玉木先生のレッスンは論理的で非常にわかりやすく解説をしてくださるので私にはぴったりでした。

 

 

当整体院の方針

誤った姿勢・身体の使い方からくる、過剰な緊張をやめていくことで改善を図ります。
これまでの私の経験によると、発声に問題を抱えている方の多くが身体に過剰な緊張があります。姿勢が悪く、喉や首、胸、お腹などに過剰な緊張が入り、呼吸が浅くなっていることがほとんどの場合でみられます。(バルサルバ操作が過剰に行われている状態)

これは何からのタイミングで姿勢・身体の使い方の誤った学習により起きたものと考えられますが、大切なことは原因探しではなく具体的な改善策です。玉木整体 身技レッスンでは、独自の理論により、吃音・どもり・発声障害の具体的な解決策をご提案させていただいております

では以下に、どのように解決するかということと、そもそもどもりや吃音・発声障害の原因の一つである身体の過剰な緊張は、なぜ自力で改善することが難しいかということについてお伝えさせて頂きます。

 

問題と解決策その1:
自分で自分の過剰な緊張に気づくことは難しい


力を入れているつもりはないのに、「もっと力を抜いて」「もっとラクにして」と言われたことは多くの人が経験することだと思います。
私たちは自分で自分の緊張に気づくことは意外にできません。なぜなら、過剰な緊張が慢性的に入っていると、その状態がその方にとっての「普通の感覚」「正しい感覚」になってしまうからです。

したがって、改善において大切なことは「普通の感覚」「正しい感覚」をしっかりと疑うことです。もし「普通の感覚」「正しい感覚」が過剰な緊張状態になっているのにも関わらず、それを土台にして改善しようとしても無理があります。例えていうなら、チューニングの合ってないギターをどれだけ練習しても全く上達しないのと同じです。

玉木整体 身技レッスンでは、「アレクサンダーテクニーク」の理論をベースにしており、これは根本的な認識や感覚の誤解を改善し、過剰な緊張を取り除くのに非常に有効な方法です。

レッスンを受けて頂くと、最初は「違和感」や「変な感じ」がするかもしれませんが、それは「普通の感覚」「正しい感覚」という根本的なところにアプローチすることによって起きるものです。1、2回のレッスンでこうした違和感は大幅に改善され、少しずつ過剰な緊張にも気づけるようになっていきます。

自分でも気づけない過剰な緊張を教師(施術者)と二人三脚で手放していきましょう!

 

問題と解決策その2:
一度習慣として染み付いたものを手放すことは難しい

習慣というのは脳の自動プログラムのようなものです。吃音・どもり・発声障害でお悩みの方は、特定の場面や行動で力を入れすぎることが習慣化し、脳の自動プログラムとして固定化されてしまっていると考えられます。
例えば、「声を出すぞ!」と思った瞬間に、喉の周りを締め付けるといった反応が、ご本人の意思とは関わりなく無意識のレベルで起きてしまうのです。
そうした問題を解決するには、今までの不利な習慣を抑制し、身体への負担の少ない有利な身体の使い方に切り替えることです。そしてそれを何度も繰り返すことです。

習慣(脳の自動プログラム)というのは、繰り返しによって強められたり、弱められたりします。人生は習慣が全てで、1,2回では何も問題なくても、習慣による繰り返しによって特定のパターンが形成されます。

したがって、最初から短期的な視点で改善を目指すのではなく、「習慣(脳の自動プログラム)を変える」ということを目標にすることで、長期的な視点で根本的な改善を目指すことが大切となります。

不利な習慣(脳の自動プログラム)を有利な習慣(脳の自動プログラム)に書き換える作業をすることで、少しずつ過去に身につけたものから解放されるでしょう

 

問題と解決策その3:
筋硬結(筋肉のコリ)を緩めることは難しい

当整体院では、九州大学名誉教授・成瀬悟策氏が開発した「臨床動作法」をベースに独自開発した方法で、筋硬結(筋肉のコリ)を内側から緩めるサポートをさせて頂いております。そうすることで、ガチガチに固まっていた筋肉が短時間で大幅に緩まり、吃音・どもり・発声障害の根本的な解決につながります。なぜなら、筋硬結(筋肉のコリ)を取ることで呼吸が改善されるからです。

呼吸と私たちの緊張は大きく関係しています。声の問題で悩まれている方の多くは、身体に過剰な緊張があるとお伝えさせて頂きましたが、言い換えれば呼吸が浅くなっているとも言えます。

深く大きな呼吸ができれば、リラックスと強い関係のある副交感神経が優位になり、内側から緊張が抜け、姿勢を改善することができます。そうすることで、喉や声帯周りの締め付けに気づけるようになったり、そもそも締め付け自体が起こらなくなることもあります

つまり、筋硬結(筋肉のコリ)を緩めることで、悪循環を良循環へと変えることができるのです。

悪循環とは、下記の図のような状態です。

 

こうした悪循環をどこかで断ち切り、
以下の良い循環を目指すことが大切です。

このように、良い循環を生み出すことを当整体院では目標としています。

 

 

そうすることで・・・

 

  • 声が出やすくなった
  • 声が枯れにくくなった
  • 喉に蓋がされている感じが減ってラクになった
  • 相手にしっかり声が届くようになった
  • 呼吸がしやすくなる
  • しっかりリラックスできるようになった
  • ラクに良い姿勢ができるようになる
  • どもることが無くなった、または少なくなった
  • 大切な時にも声が出るようになった
  • 精神的にもラクになる
  • 気持ちが明るくなって人生が楽しくなる
  • 気づいたら肩や首のコリが減っていた
  • 穏やかな心を作り出せるようになった

といったことが起きるでしょう。

 

【毎月先着5名様限定】
無料体験レッスンについて


当整体院では90分の無料体験レッスンを実施しています。
このような長時間にわたる体験レッスンを設けているのは、患者様・クライアント様に本当に納得して頂いた上で継続して頂きたいからです。

どのような治療でも言えますが、万人に100%効果のあるものはありません。タイミングや相性の問題は間違いなくありますし、当整体院での方法では遺伝的な要因が強い方には効果が出にくい傾向があります

もし、効果がないと感じられた場合は継続して頂く必要はありませんので、一度気軽にお越し頂けたら幸いに思います。

なお、既存のクライアント様を大切にしたいので、体験レッスンのお申し込みは毎月先着5名様限定とし、
5名に達した時点で募集を打ち切らせて頂きます。
ご理解のほど、よろしくお願い致します。

 

 

よくあるご質問

【危険はないですか?】
安全な方法で施術・指導させて頂きますのでご安心下さい整体やカイロプラクティックなどでイメージされる「ボキ!バキ!」といったことは一切ありません。体にかける負担を最小限にした安心・安全な方法で施術させて頂きます。

【痛くないですか?】
ほぼ、ありません。凝り固まった緊張を抜くために痛気持ちい程度の刺激はありますが、毎回必ず確認しながら進めさせて頂きます。声帯の周りや首の緊張を取らせて頂くことがありますが、こうした部位は非常にデリケートですので、慎重に慎重を重ねて施術させて頂いております。

【場所はどこですか?】
名古屋駅から徒歩7〜10分ほどの場所です。閑静な住宅街の中の一軒家の一階で開業しています。万が一迷われた場合はお迎え致しますのでお気軽にご連絡下さい。

【施術者はどんな人ですか?】
心理学者であり、ボディワーカー・整体師です。岐阜県出身、1988年生まれの男性です。大学・大学院では臨床心理学を専攻し「脳・心・体」の関係性について研究し続けています。

また、「身技パーソナルコーチ」「青木式アレクサンダーテクニーク教師」資格取得後、25歳の時にアレクサンダーテクニークの教室を開業し独立しました。日本ではまだ珍しい研究をしていることもあり、ペインクリニック勤務の大学病院の医師や、開業医の医師、京都から名古屋に新幹線で通ってくださるプロの整体師の方などがこれまでにもいらっしゃいました。
珍しい経歴ですが、だからこそ常識にとらわれない方法で患者様の症状改善に貢献できます。

【女性1人でも安全ですか?】
はい。安心してお越し下さい。民家で施術をしているため、このような不安を抱かれるのは自然かと思います。(もし私が女性であれば不安です。) ですが、これまでにも多くの女性クライアント様・患者様に来院して頂けています。また、触れる箇所については必ず確認をし、許可を頂いてから触れさせて頂いておりますので安心してお越し下さい。

また、これが安心に繋がるか分かりませんが、私玉木は2017年に結婚をし、妻を大切にすることをモットーして生きております。

【なぜ初回が無料なのですか ?】
本当にご納得して頂いた方にだけ継続して頂きたいからです。提供させて頂く理論や技術には自信を持っていますが、どんな方法にも相性やタイミング・個人差の問題は間違いなくあります。特に吃音・どもり・発声障害の改善は、個人差が非常に大きいのが特徴です。アレクサンダーテクニークは症状改善に非常に有力な方法であることに間違いはありませんし、多くの割合の方に効果を実感して頂けるかと思います。しかし、それでも本当に効果があるかどうかは「やってみないと分からない」という部分はどうしてもあります。

そのため無料の体験で「効果がある!」と感じて頂けた方のみに継続をご提案させて頂いております。

このような考え方で運営しておりますので、体験終了後に継続を強要することなどは一切ありません。ご安心してお越し頂ければと思います。

【何回くらいで良い姿勢を習得できますか?】
約10回ほどとなります。個人差はありますが、大体10回ほどで一通りのことが習得可能となります。悪い姿勢や過剰な緊張は長年の習慣によってできたもので、それを手放すにはどうしてもある程度の時間と回数を要します。しかし、自転車の乗り方を覚えるのと同じで、一度身につけてしまえば一生もののスキルにして頂くことができます。
また、単発よりもお得な毎月1回定期コースをご用意していますが、これは体験終了後に継続をご希望の方にのみご提案させて頂いております。

【必ず症状は治りますか?】
「必ず」という保証は残念ですができません。これまでに症状が完治した例はありますが、どんな治療法にも「絶対」というのはありません。唯一絶対とお約束できることは、喉や声帯、首に負担の少ない「有利な姿勢・体の使い方」をお伝えさせて頂くことと、「内側から筋肉の緊張を抜く技術」をお伝えさせて頂くことだけとなります。この2つをお伝えさせて頂くことで、不快な症状の緩和や再発のリスクを下げることは非常に高い確率で実現可能です。

【他の症状は改善しますか?】
はい。あらゆる症状の改善の可能性があります。こちらでお伝えさせて頂いている、アレクサンダーテクニークやマインドフルネス、トリガーポイントの治療などの技術は、うつ、パニック障害、慢性疼痛、腰痛、ヘルニア、頚椎症、吃音、発声障害、自律神経失調症、便秘、いらいら、ミュージシャンや役者といったパフォーマーのサポート、などあらゆる領域の問題改善に役立ちます。これは体の支え方(姿勢)、体に対する誤解や過剰な緊張を取り除くことで、根本的な認識を変えることで得られる副産物のようなものです。お伝えさせて頂いている内容は統合医療、総合医療、代替医療、心理療法といったジャンルに分類されるかと思いますが、これらは全て大学・大学院時代からの「心・脳・体」の関係性に関する研究が土台となっております。

また、アレクサンダーテクニーク、マインドフルネス、トリガーポイント治療などを広めるべく、下記のサイトも運営しています。
tamaki-miwaza.com
(アレクサンダーテクニーク、マインドフルネス)
tamaki-miwaza-for-musicians.com (音楽家のためのアレクサンダーテクニーク)
tamaki-seitai.com (吃音、発声障害の改善)
tamaki-kubikoriseitai.com (頚椎症、首こりの改善)
tamaki-jiritsushinkeiseitai.com  (慢性疼痛、自律神経の改善)

※料金やコース等は全て同じです。

 

どもり・吃音・発声障害で手術をご検討中の方へ

私玉木から一つお願いがあります。どもり・吃音・発声障害で手術をご検討中の方は、体験レッスンだけでもいいのでぜひ一度お越し下さい。
緊急性のない場合、体を傷つける手術は最終手段です。

決して手術を否定するつもりはありませんが、もし、身体を一切傷つけることのない安全な方法があるとしたら、手術はその後からでも遅くないのではないでしょうか

当整体院では、薬や外科的な処置は一切行っておりません。姿勢や身体の使い方を改善し、もともと人間に備わっている機能を回復することのみに着目しています。当整体院でベースにしているアレクサンダーテクニークは100年ほど歴史があり、医師や著名な学者、音楽家、アスリートから高く評価を受けているものです。冒頭でもご紹介しましたが、例えば下記のような評価も受けています。

ニコラス・ティンバーゲン教授(1907-1988)
ノーベル医学賞受賞者

「私は、アレクサンダー・テクニークを、高度に洗練されたリハビリテーションの一つとして推薦する
個人的な体験から、我々は、アレクサンダー氏や彼の支持者が主張していることを確認できる。
それは、体の筋肉組織に違うように機能することを教えることで、様々な精神的および肉体的な機能低下や病気を、時には驚くべき度合いで、軽減することが可能であるということである。
我々はすでに驚きをもって、高血圧、呼吸、眠りの深さ、全体的な機嫌のよさと意識の明晰さ、外的プレッシャーからの回復力、そして楽器を演奏するなどの洗練されたスキル、などの多様な分野において、驚異的な改善が起こっていることを知らされている。」
(1973年 ノーベル医学生理学賞授賞のスピーチより)

 

また、アレクサンダーテクニークはイギリス医師会からも正式に認められており
例えばこのような本にも紹介されています。


(英国医師会 腰痛・頚部痛ガイド/画像は医道の日本より)

 

このように、アレクサンダーテクニークは非常に信頼性の高い方法と言えますので、
身体を傷つける前に一度でも良いので、ぜひ一度お越し頂けましたら幸いに思います。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。
お会いできることを楽しみにしております。

 

玉木整体 身技レッスン
代表 玉木康司